Tabula Rasa ことばぶろぐ

育児の合間の学習ログ

英語で動物の森をやってみる

【あぶないやつら】Animal Crossing

Please follow and like us:
RSS
Follow by Email
Facebook
Twitter
Instagram

こんばんは!

今日もひっそりAnimal Crossing!

 

生物のなかには危ないやつもいますね。

枝や果物なんかをねらって木をゆすったりしてると
たまーに落ちてくるアレ。

Beehive!! はちのすーーー。

落ちたらすぐにアミで蜂を確保すれば刺されずに済みますが、
失敗するとお顔がこんなかんじになります。トホホ。

“Ow! Ow ow ow…
I got stung by wasps!”

いてててて・・・・
“get stung”  刺される

ちなみに日本語では「蜂」と一括りにされますが、
bee はハチミツをつくる、人を刺すと自分も死んでしまうのであまり刺さない。
wasp は刺してくる危険な蜂のイメージをもっていてください。

ネットを振るタイミングと角度が良ければ、
捕まえちゃいます!実際はマネしちゃだめよー。

” I caught a wasp!
That’s gotta sting….”

That’s は That hasの短縮。
has gotta/have gotta は have to と同じ意味。
(例:I’ve gotta go home! うちに帰らなきゃ!)

 

そして蜂以外にもこいつが・・・・

いっつも刺されて気絶してしまう私。

そう・・・、Tarantula!!!

↑タランチュラにやられた私。

↑何度か捕獲してる夫。

” I caught a tarantula!
This situation just got hairy!”

“hairy” には 「毛深い・毛が多い」と「ぞっとするほど危険」という意味。
この状況ってまさに危険!!のhairy(危険)とタランチュラの毛深さをかけてますね。

☆本日の単語☆
wasp 危ない蜂!(あくまでイメージ)
get stung 刺される
sting 刺す
beehive ハチの巣
hairy 毛深い・危ない

 

 

ではまた!


Please follow and like us:
RSS
Follow by Email
Facebook
Twitter
Instagram

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén